残暑見舞いを書いてみました(^_^)

 

こんにちは(^_^)
個人が教えるペン字通信講座/
葉雨ペン字通信レッスンです。

 

立秋が過ぎましたので、
暑中見舞いは終わって、
残暑見舞いの時期となりました。

今日は一般的な残暑見舞いを
書いてみました。

使ったペンは
ゼブラのサラサクリップ青
の0.4です。

 

残暑見舞いの一般的な書き方は、

暑中見舞い同様
お見舞いの言葉は大きく書き、
句読点はつけないようです。

本文には相手を気遣う言葉を
入れましょう。

最後は
「令和4年 晩夏」
「令和4年 立秋」
などと書くようです。 

 

残暑見舞いには、
「夏の疲れがでる時期」
「夏も後半」
など、

「暑い夏も後半に入っている」
雰囲気の言葉を使うのがコツのようです。

ただあまり形式には
こだわりすぎず、

相手のことを想って
書くのが一番かなと
思います(^_^)

 

次の記事

残暑見舞い(横書き)