日常使う楷書とひらがなは上手く書きたい
ペン字の基本をしっかり身につけたい

そんな方のためのレッスンです。

ペン字の基本である
楷書、ひらがな、楷書の文
をじっくり勉強していきます。

ペン字は基本がとても大切です。

ペン字初心者の方も
ブランクのある方も

どちらの方も安心して
始められる内容となっています。

質問は随時受け付けております。

生徒さんとのコミュニケーションを
大切にしている通信講座です。

*毎月20日までのお申込みで翌月開始となります。

  

レッスン内容

【レッスン形式】
 通信講座(郵送でのやりとり)

【回数・期間】
 18回(18ヶ月)

【お月謝】
 5500円(税込み)

【清書提出回数】
 レッスン1回につき提出は3回まで
 (毎月3回まで)

  

レッスン1回(1ヶ月)の流れ

1)
前月25日までにお月謝のお振込み
*振込み手数料はご負担ください
*数ヶ月分まとめてのお振込みも可能です
  ↓

2)
お手本3枚
レッスンレター1枚
を月末に発送します。 

  ↓
3)レッスンスタート
ご自分の都合の良い時間に練習してください
  ↓

4)清書を提出
*1回の提出枚数は4枚以内 
*提出は月3回まで
*切手代はご負担願います
  ↓
5)添削された清書が到着

  

毎月1)~5)の繰り返しとなります。

レッスンレター
お手本の字を上手く書く
コツをまとめたもの。

勉強の範囲と量

勉強の範囲
楷書・ひらがな・楷書の文

勉強の量
毎月お手本3枚。
お手本一枚につき約12文字です。
3枚で合計約36文字を1回(1ヶ月)
のレッスンで練習していただきます。

  

勉強の進め方

楷書6回(6ヶ月)

ひらがな6回(6ヶ月)

楷書かな交じり文6回(6ヶ月)

合計18回(18ヶ月)です。

*トータルレッスンの基本部分と同じ勉強になります。
ペン字の応用も勉強したいという方は
そのままトータルレッスンに進み、
行書、連綿も勉強することができます。

  

筆記用具

【紙】
 コクヨの書翰箋をご使用ください。
*文房具店、コンビニ、
 百均のダイソー等で購入可

  

【ペン】
 ゼブラのサラサクリップ0.4がおすすめです。
*文房具店、百均のダイソー等
 で購入可
*他のボールペン、万年筆、
 つけペンもご利用いただけます。
*筆ペンは不可

  

【下敷き】
 硬筆用の柔らかい下敷きをお使いください。

*文房具店には置いていない
 ことも多いので
 ネット購入が良いと思います。

 下の写真の下敷きは共栄プラスチックの
「硬筆用ソフト透明下敷」
 A4サイズです。

*下敷きがない場合は紙を4~5枚重ねた
 ものが下敷き代わりになります。

硬筆用

  

特 長

個人がやっている通信講座なので

生徒様それぞれの字の特徴を理解し、
確実に上達していただけるよう

お一人お一人のペースに合わせた
アドバイス
をさせていただきます。

初心者の方でも安心

練習を続ければ誰でも上達します。

その方のレベルに合った添削指導をしていきますので、
初心者の方も安心して始めることが出来ます。

自分のペースで学べる

通信指導なので、忙しい方も
自分のペースで学ぶことが出来ます。

品格ある大人の文字が
書けるようになります

学校で習った書き方と少し違う文字
(活字と違う、筆写の書き方の文字)もありますが、
品格ある大人の文字が書けるようになります。

毎月送付するレッスンレターで
上手く書くコツを勉強

お手本と一緒に、上手く書くコツを載せた
レッスンレターをお送りします。
字の練習だけでなく書き方のコツを同時に学ぶことで、
その月の勉強をより深めることができます。

自信がつく

字の練習をして上手くなることで
自信をつけることができます。
周りから「字が上手くなったね」
と褒められるととてもうれしいものです。

自分と向き合う時間が出来る

ペン字の練習は10分でも15分でも
毎日続けることが大切です。
その時間は忙しい日常を休憩して
自分と向き合う貴重な時間となります。

  

  

書 風

山下静雨先生流になります。

山下静雨先生流とは・・・
山下先生はペン字界第一人者の先生です。

漢字…「ペン字の神様」「ペン字界の王羲之」
といわれる三上秋果先生の品格ある文字を受け継ぐ。

ひらがな…平安時代の名筆をもとにした、
流れるように美しい品位ある文字です。