「昔から字が下手で、自分の字にコンプレックスがある」
「人前で字を書くことにストレスを感じる」
「子供の頃、書道を習っていなかったから字が上手くない」

こんなことを思ったことがありませんか?
これらは全て、私自身が思っていたことです。

 子供の頃から字が下手で、自分の字に人一倍強いコンプレックスを持っていました。友達の字と自分の字を比較しては、字が上手い子、かわいい字を書く子をうらやましく思っていました。コンプレックスが強かったので、人前で書くことはとても苦手。「私も書道を習っておけばよかったなあ」と思ったものです。

 そんな私がペン字に興味を持ったきっかけは、父が買ってきた山下静雨先生のご著書『美しいペン字の書き方』を見てからです。山下先生の美しい文字を見て「わぁ、きれい!」と思わず声を出したことを覚えています。

 『美しいペン字の書き方』 を参考にペン字の練習をしたこともありましたが中々続かず、本格的にペン字の勉強を始めたのは社会人になっていた22歳のときです。山下先生主催のペン習字研修センターに入会し、通信によりペン字指導を受けることになりました。

 先生のお手本は階段を一段一段のぼるように進められ、初心者の私でも基本からしっかりと学ぶことができました。何より、先生の懇切丁寧なご指導のおかげで字を書く楽しさを初めて知り、現在もご指導頂いております。

 字を書くことが嫌いだった私が、字を書くことが大好きになったのは先生のご指導のおかげです。この先生のご指導法と美しい文字を少しでも伝えたいと思い、葉雨ペン字教室をやらせていただいております。

 以前の私のように、自分の字にコンプレックスがある方、人前で書くことが苦手な方、字を書くことが好きではない方々の、少しでもお役に立てますと幸いです。

山下 葉雨(やました ようう)

1981年生まれ。
茨城県龍ヶ崎市出身。東京都在住。武蔵大学人文学部卒。

学生のとき、父が買ってきた山下静雨先生のご著書『美しいペン字の書き方』
を見て感動し、ペン字に興味を持つ。

2003年にペン習字研修センターに入会。
通信により山下静雨先生のペン字指導を受ける。

ペン習字研修センター師範。

『恥をかかない大人の気くばりボールペン字練習帳』の書を執筆。