すっきりとした読みやすい文字、品格ある大人の文字を目指します。

通信での指導になります。

文字は基本から練習すれば必ず上達します。
楷書の基本点画から始まり、ひらがな、行書、連綿(ひらがなを続けて書くこと)…と、一つ一つ着実に勉強していきますので、初心者の方も安心して学べる内容となっております。経験者の方も大歓迎です。

1.品格ある大人の文字が書けるようになります。

学校で習った書き方と少し違う文字(活字と違う、筆写の書き方の文字)もありますが、品格ある大人の文字が書けるようになります。

2.自分のペースで学べる

通信指導なので、忙しい方も自分のペースで学ぶことが出来ます。

3.初心者の方でも安心

練習を続ければ誰でも上達します。その人のレベルに合った添削指導をしていきますので、初心者の方も安心して始めることが出来ます。

4.毎月会報を送付

お手本と一緒に、上手く書くコツなどが載っている会報をお送りします。会報を読みながら練習を進めることで、その月の勉強をより深めることができます。

5.自信がつく

字の練習をして上手くなることで、自信をつけることができます。周りから「字が上手くなったね」と褒められるととてもうれしいものです。

6.自分と向き合う時間が出来る

ペン字の練習は10分でも15分でも毎日続けることが大切です。その時間は忙しい日常を休憩して自分と向き合う貴重な時間となります。

練習の流れ

毎月お手本を3枚と会報を郵送します。
  ↓
お手本をもとに練習、清書したものを葉雨ペン字教室宛に送ってください。
  ↓
懇切丁寧に添削し、返送します。毎月この繰り返しとなります。

お手本の流れ

1)楷書の基本点画から勉強します。

2)縦長の漢字、横長の漢字など、外形別に分けて練習します。

3)漢字の偏、旁(つくり)などの組み立て方を勉強します。

4)偏、旁などの部分別に漢字を練習します。

5)ひらがなの単体(一文字一文字)を勉強します。

6)楷書仮名交じり文を練習します。

7)行書の基本点画を勉強します。

8)行書仮名交じり文を練習します。

9)連綿の基本を勉強します。

10)連綿の文章の練習をします。

字が上手くなるためには、「毎日ペンを持つ」ことが大切です。
一日10分でも20分でもいいので、毎日練習する習慣を身につけましょう。