終齢幼虫になりました(^_^)

  

こんにちは(^_^)
個人が教えるペン字通信講座/
葉雨ペン字通信レッスンです。

育てているアゲハチョウの幼虫が
何度か脱皮して
3匹とも終齢幼虫になっています。

この姿までくれば、
「図鑑やテレビでみたことがある」
という人は多いのではないでしょうか。

終齢幼虫とは
幼虫の最終段階のことで、
このあとサナギになります。

一番大きい幼虫は5センチくらいあるので、
食欲旺盛で毎日葉っぱを沢山食べています。

たった1ミリだった卵が
ここまで大きくなってくれた・・・
と思うと感動してしまいますね(^_^)

卵から育てているので
寄生されている確率は少ないと
思うのですが、

寄生されていたら
サナギのまま死んでしまうので

まだまだ油断できません。

新鮮な葉っぱをとって、
虫かごを掃除して、
せっせとお世話をしています(^_^)

  


前の記事

雨の日に思い出す和歌

次の記事

字の上達が早い人の特徴