「紅」の上手な書き方

 外を歩いていると、早い梅はもう咲き始めていることに気付きます。茶色い枝に咲く赤やピンクの梅の花は本当に綺麗ですね。冷たい風が吹く中で咲いている梅をみると、「早く暖かくならないかなあ」と春が待ち遠しくなります。

今日は「紅」の書き方です。

①いとへんの書き方は、下部が「小」でも点が三つでもどちらでも良いです。

②三つの点を書く場合はほぼ等間隔に書きましょう。

③「工」の横線は内側に反るように書きましょう。

「紅梅」の運筆動画です。

前の記事

山(行書)の縦線の傾き