「大」の上手な書き方

 12月7日頃~21日頃までを二十四節気で大雪(たいせつ)というそうです。コートにマフラーが手放せない、本格的な冬ですね。そろそろ大掃除をしなければいけませんが、「今日は寒いから暖かい日にしよう」「今日はお天気が悪いから晴れた日にしよう」など、私はついつい先延ばししてしまうこの頃です。

今回は「大」の上手な書き方です。画数の少ない漢字ですが、意外と難しい文字です。

①一画目は短めに書きましょう。短く書いて外形が三角形になるようにしましょう。

②一画目より上にでている縦線は短くならないよう気をつけましょう。

③二画目の縦線は前半はほぼ真っ直ぐ書きます。書き始めからいきなり左に向かわないようにしましょう。

「大雪」の運筆動画です。

前の記事

「しぐれ」の書き方