楽しいペン字!


楽しいペン字!
3. どんな文字が書けるようになりたいですか?

 今回は「どんな文字が書けるようになりたいか」というテーマについて考えてみたいと思います。
 ペン字をやっている方は、このテーマについて考えることが多いと思います。私もペン字を習い始めたころは「自分は字が下手だから、とにかく上手になりたい」「山下静雨先生のような文字が書けるようになりたい」「誰が見ても綺麗と思われるような文字が書けるようになりたい」など、考えていました。

 ある程度年数がたってくると、
・文字は人に読まれるものだから「読む人が心地良くなるような“変化”を加えた文字」が書けるようになりたい
・線や字形だけでなく、「場のまとめ方(余白を考えた、清書全体のまとめ方)」にも十分気を配る
・清書以外の文字も美しく書けるようになりたい
など、具体的なものになってきました。

 ですが、「山下先生のような文字が書けるようになりたい」という目標は自分の中でぶれない目標だと確信できるのですが、それ以外の目標についてはいまいち確信することができませんでした。上記のような目標を書き並べても「大切な事だけど何か違う気がする・・・」と感じてしまうのです。
 そんなある日、ある冊子で山下先生がお書きになった次の文章に出会いました。

  「題材の内容を作品に表現できる人はまずいないだろう。それは不可能だと思う。題材として歌や句を借用しているだけであって、作品表現そのものは「線」である。その意とは別なのである。仮名作品が、いや書作品が線芸術―線の質、線の美、線の表現、線と空間―といわれるゆえんはここにもある」

 私たちがペン字作品を書くとき、自分の好きな歌、美しい句を選びます。それらの歌や句が、線表現のために借用しているだけならば、漢字や仮名といった文字(形)そのものだって、線表現のために借りているだけなのかもしれません。

 ということは、私が考えなければいけないのは「どんな文字が書けるようになりたいか」ではなく、「どんな線が表現できるようになりたいのか」なのかもしれない、と思うようになりました。

 では「自分はどんな線が表現できるようになりたいのか」を考えてみます。
ですが、うーん、良く分からないのです。「鋭い線」「切れのある線」「シャープな線」などの言葉は思い浮かびますが、それっていったいどんな線?と聞かれても私にはうまく説明できません。
(佐藤煌雨師範がブログ「線が浅い 深い、とは」で、線質についての山下先生のお話を紹介されているので、ぜひご一読ください)
 では例えば、今までどういう時に「良い線が書けた」と自分は思ったのだろうか? どういう時に山下先生に自分の線をほめて頂いただろうか?

 思い当たるのは「自分らしい線が書けたとき」です。
 「今回は自分らしい線が書けたかもしれない」と感じたとき、先生に線を褒めて頂くことが多かった気がします。
 では、どうやったら自分らしい線を表現できるのか。
 そもそも“自分らしさ”とは何か・・・。

 何だか哲学のようになってきて自分の頭では追いつけなくなってきました。
 とりあえず、現在の私の目標は、
・山下先生のような文字が書けるようになりたい
・自分らしい線を表現できるようになりたい
の二つのようです。そして“自分らしい線とは何か”を考え続けることが課題のようです。

 皆さんはどんな文字が書けるようになりたいですか?
 ぜひお気軽に教えていただけますとうれしいです。

(2016.6.6)                          
―戻る―


このページは山下葉雨がペン字について感じたこと,体験したことなどを書いたページです.
(個人的に感じたことですので皆様のお役に立たない場合もあるかもしれませんが,どうかご了承ください)



Copyright © 2017 Youupenjikyoshitsu All Rights Reserved.