ペン字を続けて思うこと

sakura


ペン字の練習を続けることで少しずつ上達し,周りから「字が上手だね」をいわれると 大変うれしいものです.
人前で堂々と字が書けるようになりますし,字がうまくなることで自分に自信がつくようになります.


「字が上手になる」ことも大変重要なことですが,それ以外にも得られることが沢山あります.
例えば「自分だけの静かな時間」を持つことができます.


数年前,長男を出産して間もない頃,慣れない育児で時間に追われ,朝が来たと思ったらあっという間に夕方になり「私は今日一日何をやっていたんだろう…」とぐったり疲れることがよくありました.
子供はとてもかわいいけれど「自分の時間もほしい…」と思ったものです.


そんなとき,一日5分でも10分でもペン字の練習をしますと,「今日はペンを持てた.充実した一日だった」と思うことができました.
たった5分,10分でもペン字という自分の時間を持つことで自分と向き合うことができ,気持ちを落ち着けることができました.


また,字を書くことで自分の心の状態も分かるようになります.
当たり前ですが,疲れているときは良い字は書けませんし,気力が充実していればのびのびと気持ちよく書けます.


お手本を横に置き練習を始めますと,その日の出来事,自分が気になっている事などが次々と頭の中に浮かんでは消え,浮かんでは消えていくことがあります.
そして時には「自分では全然気にしていないと思っていた事」が何度も頭に浮かぶことがあり,「こんな事を気にしていたんだ!」と本当の自分に気づくことがあります.


「自分だけの静かな時間」を持つことで,妻,夫,母親,父親,上司,部下など普段の自分の役割を休憩することができます.
休憩し,立ち止まることで自分と向き合えることができるのだと思います.


師匠,山下静雨先生が「字がうまくなるのは当たり前.ただそれだけではだめ」「単に字がうまくなる,だたそれだけではない『心』が大切だと思っています」とおっしゃっていますが,ペン字を続けることで「字が上手になる」こと以外にも沢山の経験が得られると思います.

sakura



Copyright © 2017 Youupenjikyoshitsu All Rights Reserved.