忙しい人へのペン字アドバイス

払う方向に変化をつけましょう

A・・・左払いがすべて同じ方向に払われています。一見問題なさそうに見えますが、単調に見えてしまいます。

B・・・払う方向が同じではなく、違う方向に払われています。「変化の美」が加えられ、堂々とした印象になります。

―13―

小さな偏は上の位置に書きましょう

A・・・「味、明、冷」はすべて偏が小さい漢字です。
偏が小さい場合は、文字の上の位置に書くようにしましょう。Aの書き方だと偏の位置が下がりすぎています。

B・・・偏が文字の上の方に書かれています。こちらの方がペン字としては良い形になりますので覚えておきましょう。

―12―

「お」の縦線は直線には
ならないようにしましょう

 「お」を書くとき、左側の「活字」の書き方で書く方が多いと思います。小学校でもこの書き方で習いますし、これはこれで読みやすくて良いかもしれません。ですが、せっかく手書きで書くならば、活字を書くのではなく、少しでも手書きらしさを出したいものです。

 上図の「活字」と「手書き」の違いはいくつかあると思いますが、一番ポイントとなるのは二筆目の縦線にあります。活字の場合、二筆目はほぼ直線ですが、手書きの場合は①→②と、線の終わりで方向が変化します。活字と比べてほんのわずかな差ですが、このわずかな差によって手書きの美しさ表現ができるのです。

―11―

左側の長い縦線から始まるひらがなは、
終筆を左側より上にしましょう。

 左側の長い縦線から始まるひらがなは「はほに、れわね」などがありますが、これらの書き終わりは左の縦線よりも上の位置になります(B)。Aのように、終筆が左の縦線と同じ位置になったり、下方にならないよう気を付けましょう。 「け」は例外で右側が長くなります。

―10―

同じ形が二つある漢字は、
あとに書く方を大きめに書きましょう。

A・・・二つある形が同じ大きさで書かれています。問題なさそうに見えますが、あまり美しくありません。

B・・・あとに書く方(「多」は下側、「竹」「競」は右側)が大きめに書かれています。大きさを変化させることにより単調ではなくなり、また、堂々と見えます。

―9―

点画の間は等間隔にしましょう

A・・・点画が等間隔で書かれていないため、見た目にも落ち着きがありません。

B・・・点画の間が等間隔になるよう書かれていますので、見た目にも明るく安定し、落ち着いてみえます。

―8―

「て」の終筆は横線より左側

A・・・縦線が湾曲しすぎています。また、角ばるのも良くありません。終筆(書き終わり)が横線より右に出ていてバランスもよくありません。

B・・・横線はすくうようにしてわずかに下に反らせ、少し押し戻して縦線に向かいます。縦線は湾曲しすぎないことが大切です。また、終筆は横線の右端より左側の位置になります。

―7―

「か」の最後の点は離して書きましょう

A・・・よく見かける書き方ですが、最後の点が一筆目に近付きすぎです。窮屈な印象になってしまいます。

B・・・一筆目と三筆目の間が広くなっていますので、ゆったりとしています。三筆目は一筆目の肩あたりから書き出しましょう。
 「か」のもとの文字は「加」ですので、文字の中心(赤の縦線)は一筆目に近い所になります。

―6―

「しんにょう(しんにゅう)」の書き方
二筆目の折れ曲がり方に注意しましょう。



しんにょうを上手く書くにはいくつかポイントがあります。
・二筆目の折れ曲がり部分(C)まできたら、右下に向かいます。
・三筆目は①→②→③と、方向を変えてペンを運びましょう。

A・・・よく見かける書き方ですが、二筆目の折れ曲がり方が正しくないため、落ち着かない形になっています。

B・・・二筆目が正しく書けているため落ち着いて見えます。

―5―

「大」の縦線は最初は「まっすぐ」
「大」の縦線はまっすぐ書き出しましょう。



「左払い」というと、書き始めからいきなり左に向かって書きたくなりますが、「大」の左払いは最初はまっすぐ書きましょう。(天、火、史、実なども前半はまっすぐ書きます)

A・・・左払いが、書き出しからいきなり左下へ向かっています。メリハリがなく、間の抜けた印象になってしまいます。

B・・・左払いが、「大」の場合は一画目の横画あたりまでほぼまっすぐ書かれています。横画をすぎた辺りから徐々に左へのびやかに向かいます。見た目もどっしりとした安定した文字となります。

―4―

「す」の文字の中心
「す」の文字の中心は縦線の左側にあります


※赤の縦線は文字の中心です

今回は「す」の中心について勉強しましょう。

A・・・文字の中心が二筆目の縦線になっています。一見問題なさそうに見えますが、正しい書き方ではありません。

B・・・文字の中心が、縦線の左側になっています。「す」のもとの漢字は「寸」ですので、こちらが正しい書き方です。横線の長さは、左側が長くなります。

―3―

横画は文字に安定感を与えます
横画は水平ではなく、わずかに右上がりに書きましょう

A・・・縦画はまっすぐ書けていますが、横画が右上がり過ぎていたり右下がりになっているため、文字全体が不安定に見えてしまいます。

B・・・横画がしっかり書けているので、文字全体が安定しています。活字の横画は水平ですが、手書きではわずかに右上がりに書きます。

―2―

漢字の大きさ>仮名の大きさ
漢字は仮名より大き目に書きましょう。



活字では漢字も平仮名も同じ大きさになっています(同じ大きさの正方形に収まるようにデザインされているため)。ですが、手書きでは漢字を平仮名より大き目に書きましょう。

A・・・漢字と平仮名が同じ大きさになっています。活字と同じなので読みやすいかもしれませんが、手書きの美しさがありません。

B・・・漢字は大きく、平仮名は小さい…という大きさの変化が読む人に心地よさを与えてくれます。手書きの美しさが感じられます。

―1―
―戻る―


Copyright © 2018 Youupenjikyoshitsu All Rights Reserved.