忙しい人へのペン字アドバイス

「大」の縦線は最初は「まっすぐ」
「大」の縦線はまっすぐ書き出しましょう。



「左払い」というと、書き始めからいきなり左に向かって書きたくなりますが、「大」の左払いは最初はまっすぐ書きましょう。(天、火、史、実なども前半はまっすぐ書きます)

A・・・左払いが、書き出しからいきなり左下へ向かっています。メリハリがなく、間の抜けた印象になってしまいます。

B・・・左払いが、「大」の場合は一画目の横画あたりまでほぼまっすぐ書かれています。横画をすぎた辺りから徐々に左へのびやかに向かいます。見た目もどっしりとした安定した文字となります。

―4―


Copyright © 2018 Youupenjikyoshitsu All Rights Reserved.